子供椅子(ハイチェア)はストッケのトリップトラップ!買うべき理由

はる

どーも、はる(@danshariplus)です^^

子供椅子(ハイチェア)についてどれを買うべきかって悩みませんか?

離乳食を食べさせる為にハイチェアは必須ですよね!

我が家が実際に使っているハイチェアは大人気ストッケのトリップトラップ!

我が家は2020年7月現在、パパ、ママ、3歳息子、1歳娘の4人家族です。

息子の時にトリップトラップを選んで虜になり、娘にも迷わず同じものを選びました。

子供用にハイチェアを検討する時、誰もが一度は耳にするであろうブランドですよね。

この記事を読めばトリップトラップを買うべき理由がわかります

ぜひ、参考にしてください。

目次

トリップトラップに決めたワケ

良いものを長く使いたいから

トリップトラップは類似品で安いものがたくさん出ています。

正直、心が揺らぎましたが、最低でも小学生くらいまで長く付き合うものだろうし、子供のはじめての椅子なので、なるべく良いものを選んであげたいな。と。

安心安全であること

塗料は毒性のない水性塗料が使用されています。

ヨーロッパ製のビーチ材を使用した頑丈な構造で、体重110kgの大人まで支えることができます。

子供達が万一超巨体になっても使える…!笑

トリップトラップというネームバリュー

使用後にフリマサイトなどで売る際もトリップトラップはすぐ売れそうです。

メルカリでも高値安定で取引されています。

高いものなので、できればここで少し取り返したいという下心。

ケチくさくてすみません笑

実際に使ってみたらどうだったか

頑丈で安心

ママ友のお家に行った時、類似品似の子供椅子があったのですが、その軽さに驚きました

そこで初めて気が付きました。

トリップトラップは重い

重いというのはデメリットで言われる事ですが、ことハイチェアに関しては安全が第一なので大きなメリットになります。

形状的にも絶対に転倒しないという安心感がすごいです。

息子はよく椅子の上でジタバタ動き回って、立ったり暴れたりしてますが、3年間一度も転倒した事ないです。

ぐらつきも全くないです!

掃除しやすい

水拭きでサッと拭けばすぐ汚れがとれます。

なんというか、汚れが素材に染み込み込まないんです!

カレーとかこぼしたものを一晩放置してもさっと拭き取れます。

構造がシンプルなので、手が入らなくて拭けない!ってっこともないですね。

食べクズもほぼ足おき台に落ちるので床が汚ずらいです。

暴れ回れば落ちますけど。笑

足置きって必要!


あまり考えずに足置きがあるもの前提でハイチェアを選んだのですが、これが大正解!

食事や、学習時も足置きがあると正しい姿勢を保つことができ、集中できるようですね。

リビング学習させるのにもピッタリです。

足置きひとつで「歯並び」にも影響がでてしまう可能性があるそうです。

足がつかない椅子で食事をしていると噛む力が軽減するからです。

また、正しくない姿勢は顎のずれや成長などにも悪影響を及ぼすそう。

多くの歯科クリニックが足置きのある子供椅子の使用を推奨しています。

リップトラップは3センチ間隔で座面も足置きも調節可能

なので使いはじめの生後7,8ヶ月ごろから足をつけて使用できました。

上下だけでなくさらに前後にも融通がききます!(前後に動かすには推奨範囲があります)

ベビーセットは必要

1歳くらいまではベビーセットを使用しないと落ちちゃいます。

このベビーセットは絶妙な形状で足がすっと入り、落ちない安心感があります。

ただし、暴れてぐずっている状態だと、ベビーセットに入れるのはちょっと難しかったりします。

また、お子さんによっては早い段階で抜け出すかもしれません。
そうなると高さがあるので危険です。

様子を見て、必要なさそうなら早めに外した方が良いと思います。

組み立ては簡単!

組み立てはママが30分くらいでやりました。

簡単なので心配不要です。

欠点は?

やはり値段が高いということ。

ただ普通に使用している分には10年は使えそうなので、ベビー用品の中でも群を抜いてコスパが良いのではないでしょうか。

多分10年後にまだ使ってるベビー用品ってトリップトラップだけになるかと。

おわりに

赤ちゃんの頃と変わらないものを10年後の未来まで使えるなんてワクワクしませんか?

こどもの成長は早いものであっという間ですが、トリップトラップは思い出と共に長い付き合いになりそうです。

大切に使っていこうと思います。

長く使えるものは早めに揃えた方が良いですよね^^

このブログはWordPressテーマSWELLを使っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子持ちシンプリスト。大した成功も挫折もないが、だんしゃりをベースに人生を好転させ、家族4人幸せに暮らしている。東京在住の33歳。

目次
閉じる