はるママの簡単!楽ちん離乳食。少し肩の力を抜いて作ってみませんか

はじめまして!

はるの妻です^^

2020年7月13日現在、「幼稚園年少の3歳息子」&「1才娘」がおります。

子育てママの1番大変な家事といえば…

毎日のご飯作り!

私はそう思います。一日3回もあるし。

特に今コロナで外食にも行きづらくなってしまったので、大変ですよね…。

特に離乳食はコンビニやお総菜を使うわけにもいかないですし(活用できる事も)、大人と味付けを変えたりしなくてはならず、しんどいものがあります。

そこで私の「簡単な離乳食作り」を紹介して、悩めるママ達のお役に立てればと思います!

正直、1人目長男の離乳食は頑張りすぎて、本当にキツかったです。泣きました、はい。

これじゃまずいと思い、よく調べてどこまでなら妥協して良いか。毎日改良を重ねました。

今は、完璧ではないにしても楽しく、効率よく用意できるようになりましたよ。

目次

ツライ!1人目、長男の時の離乳食

  • 絶対手作り!(レンジじゃなくて鍋でじっくり煮るのよ!)
  • 味付けなし!(素材の味をお勉強しないとね!)
  • 固さは月齢の標準通り!(うちの子は標準ペースで進むに決まってるわ!)

という感じで、根が真面目なもので、真面目に教科書どおりに取り組んでいました。
息子のペースや好みを完全無視して進めてしまい…

その結果、長男はすっかり好き嫌い大王になってしまいました…。」

現在お弁当を作る時に入れられる野菜がほとんどありません。

これじゃいかん!

簡単!楽してやってみた2人目次女の離乳食

  • レトルトおかずを活用
  • 味付けソースフル活用
  • 焦らずゆっくり次女のペースの固さで

って感じで、かなり手抜き離乳食してます。

が、次女今のところなんでも食べてくれます。

特にオススメレトルトグッズは粉のソース類!

和光堂 手作り応援 ホワイトソース
和光堂 手作り応援 チキンと野菜のクリームソース (3.6g×6袋)

価格もそんなに高くはないです。

冷凍野菜をいろいろチンして、このソースで味付けしたり…。
味付け前の味噌汁の具を少し分けてこのソースで味付けしたり…。

とろみもつくから食べさせやすくなるし、めちゃくちゃ便利!!

レトルトおかずはまとめて作って冷凍しておいた主食たちにON!!って感じです。

いろいろな味がある

和光堂 グーグーキッチン [12か月頃から] おすすめセット ベビーフード 6種×2袋(12袋)

量が足りない場合はおやきとか茹で野菜とかを足したりなんかしたり。

長男の時は味付けしたら味付けしてない野菜とか食べなくなるんじゃ…って思っていたのですが、次女は今のところ味付けなしの野菜も食べてくれています。(個人差のある話だとは思いますが

また災害時の非常食にもなるので5つ以上は常にストックしてます。

【茹で野菜の作り方】ごっくん期からずっと使える!

1人目の時は鍋でじっくりコトコト煮てましたが、

今は炊飯器でご飯を炊く時に、野菜をクッキングペーパーでぐるぐる巻いて一緒入れて作ってます。

炊き方は普段と同じでOK。

これがとても楽!!洗い物も増えないし!そしてとても柔らかい仕上がりなのです!

なんかも同じ方法でふんわり仕上がります。

おわりに

レトルトは本当に栄養面等もよく考えて作られていて、使っても支障はないです。

むしろがんがん食べてくれるので子供もママも楽しく過ごせてハッピーです。

長男の時の私みたいにガチガチに力の入った離乳食作りをしているママがいたら、レトルト使って肩の力抜いて楽していきましょう!

このブログはWordPressテーマSWELLを使っています。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

子持ちシンプリスト。大した成功も挫折もないが、だんしゃりをベースに人生を好転させ、家族4人幸せに暮らしている。東京在住の33歳。

目次
閉じる